住宅ローンや賃貸不動産を借りる際に必要になってくるのは、保証人や保証会社ですが、モビットの申し込みには担保や保証人は一切必要ありません。

保証人がいらないなら、金利が高いのかと不安にもなりますが三菱東京UFJ銀行系の消費者金融であるため、莫大な資金源がありますので、低金利です。

では、審査が厳しいのではと普通は考えると思いますが、その申込条件は決して高くありません。
満20歳以上65歳以下で本人に安定した収入があればだれでも審査を受ける事が出来ます。
また、審査基準はそこまで厳しくないと評判で、融資限度額が500万であることから、おまとめ目的で申し込む多重債務者も多いようです。
実際におまとめローンを成功させた例も数多くあります。

ただし、年収の3分の1以上は借りられませんし、その範囲内でやりくり出来ていない、返済能力が足りない、と判断された場合には審査に落ちてしまいます。
また、過去の借入、返済、遅延などの履歴を照会し、そこに問題があった場合にも審査に落ちます。

誰でも簡単にお金を貸してくれるわけではありませんが、そこまで厳しくないでしょう。

モビットカードの申込みをすると、必要なときにはいつでも借入れをすることができるようになります。
ここで、「いくらでも借りられるのか?」と考える方もいるかもしれませんが、モビットの簡単な審査のときに、「利用限度額」というものが設定されます。

この利用限度額は、借入れをする個人が「いくらまで借りられるのか?」というもので、基本的に利用限度額の範囲内で何度でもキャッシングすることができます。

例えば、申込みをしたときに定められた「利用限度額」が50万円であったとします。
そして、最初の借り入れで20万円借入れをしたら、「追加であと30万円借りられる」ことになります。

これは、最初の20万円の返済が済んでいるかどうかは関係なく、「上限の50万円になるまで」は、何度でも利用できるものとなります。

モビットに申込みをして、利用限度額がいくらになるのかは、個人の収入などによって異なるかもしれませんが、一般的には50万円程度になることが多いと思います。

また、最初に決められた利用限度額では足りない、というときはモビットのコールセンターに問い合わせをして、利用限度額を上げてもらうことも可能なようです。

必要に応じて利用限度額の相談ができる点も、人気の秘密となっているようです。

モビットの申込みをしてから、簡単な審査の後に、実際にキャッシングをすると思います。
そして、キャッシングしたお金は、毎月少しずつ返済していくことになりますが、「分からない点や相談したいときにどうすればいいか?」という問題が出てきます。

ご存知の方もいるかもしれませんが、「モビットには店舗がありません」ので、誰にどのようにして問い合わせをしたらいいのか?を知っておく必要があると思います。

モビットへの問い合わせが必要なときには、「インターネット」「電話」「ファックス」を利用して、24時間いつでも問い合わせに対応してくれます。

しかし、注意しておきたいのが「電話」での問い合わせですが、オペレーターが直接回答する受付番号では、9:00〜21:00までの営業時間となっていますので注意して下さい。

また、自動音声案内による問い合わせなどの場合なら、24時間利用できますので安心ですね。

また、金融機関やコンビニエンスストアなどに設置されているATMの営業時間は、それぞれの金融機関・コンビニエンスストアの営業時間に影響されますので、個別に問い合わせる必要があります。

モビットには、これだけの窓口がありますので、何かあったときでも安心できますね。

モビットは、他のカード会社にはない『三つの特徴』により、利用者の拡大に成功しました。モビット利用者に人気の三つの特徴を、ひとつずつ見てみましょう。

モビットは、オンラインのカードローン会社です。インターネットを最大限に活用しており、審査スピードの早さはその特徴のひとつです。

モビット公式サイトから専用ページを利用すれば、融資の判断が最速10秒で出来ます。ユーザーの間では10秒審査と呼ばれ、モビットの非常に便利なサービスです。そして本審査後、最短30分で融資が行えるスピーディーさも、モビットならではの対応です。

借り入れ出来る最大限度額の大きさも、モビットならではの特徴です。最大500万円の限度額は、他の金融会社ではほとんど見る事のない限度額です。融資スピードが早いことも合わせれば、急な資金が必要になったときなどは本当に助かります。

この高額な限度額の設定は、モビットが資金力の大きいメガバンク・三菱東京UFJ銀行系であることが大きいといえます。経営に体力の無い金融会社では、500万円もの限度額設定はあり得ません。

モビットでの借り入れの際、担保や保証人は不必要なためアルバイトや自営業者でも利用する事が出来るのもありがたいサービスです。

カードローン会社とは思えない金利の低さもモビットの特徴です。4.8〜18%という金利の実現も、やはりモビットが三菱東京UFJ銀行系ならではの資金力と言えるでしょう。

金利を抑えて返済額も抑えたいという事情で、モビットの低金利で借り換えの融資を受ける利用者も多いのです。

便利な世の中になり、インターネットを利用することによって膨大な情報を手に入れることができ、また、いろいろな機械が発明されたことによって生活は豊かになっています。一昔前の生活と今の生活を比べてみても、今当たり前に使っているものがなかったりと、その差は歴然なのです。カードローンであってもその使い方はバリエーションが豊富になってきています。コストを抑え、また利用者の目線に立った利用方法であったり、いろいろな工夫が見られます。

まず、事前審査のネット利用についてです。事前審査にあたっては、インターネット上で必要事項を記入するケースがあります。もちろん店頭で一からというのも可能ですが、店頭の場合は閉店時間が設定されています。そのため、深夜帯での急な利用が必要になった場合であれば、ネット申し込みを実施することで、より効率的に借入をスムーズに実施することができるのです。場合によっては、ネット申し込みだけで借入をすることも可能です。電子メールの機能を駆使し、源泉徴収票を写メールで送信することで、審査をしてもらえるのです。また、ネット銀行といったサービスも充実していますので、手数料はかかりますが、銀行等が営業していない時間帯でも振込等ができるようになっています。インタネット上で必要な作業が全てできてしまうのです。

次に、カードの使い方についてです。カードがあれば、最寄のコンビニでも対応しているケースがあり、返済のためのコストや時間を大幅に削減することができるのです。それだけではなく、借入の際もコンビニで実施することも、カードさえあれば実施することができます。暗証番号のみ記憶しておくことで便利なサービスを受けることができるというわけです。また、場合によってはカードを忘れてしまっても、返済等の利用をすることができます。これはカードローンでは比較的多いサービスの一つになっています。うっかりカードを忘れてしまっても利用できるだけあって、万が一の場合のサービスと言えます。

カードローンの使い方を二つあげましたが、まだまだたくさんの使い方があり、それは弁理になった世の中の象徴であると言えます。カードローンは急な出費にも対応してくれるとても力強いサービスですが、その反面、間違った使い方をしてしまうと、大変なことにもなりかねません。資金繰りには波があるのは当然なので、その波を大きくしてしまわないように利用するのもいい手になります。